本日材木座海岸にて海練をやりました。
水温22℃気温23℃でおそらく体感ではもう少し高かった感じです。
天気も良く、波は後半少しでてきましたが、許容範囲だったかと思います。(チビッ子が遊べる程度の波)
2022.6.12

前半
波酔い・気持ち悪くなる・クラクラする・めまいなど体調不良にならないように泳ぐ方法にフォーカスした練習をしました。
DSCF1429

基本的には、呼吸が浅いのを深くすることがでれば、良いです。
今は、マスクをしている時間が長いので呼吸(吐く・吸う)が浅い。少ない。あまりやってない。感じなってる方が多い。
ということは、呼吸をする筋肉もあまり動かしてない。
急に動かすと💦身体がビックリするということになり、体調不良になる流れになります。

呼吸をする為に身体を動かした時に左右の差があると、クロールみたいな横向きに息継ぎするとぎこちない動きになります。
特に悪さをしてるのは、右手😥
左手は素直😆
素直な左手の動きをお手本に右手を動かすと楽になります。

水泳特有な『前に手を伸ばす』『しっかり後ろまで押す』『ハイヘルボーで泳ぐ』など全てやろうとしてるのは、右手。
左手はやってない。
ウエットスーツを着ていますので余計力が入り、ムダな体力の消耗につながります。
DSCF1436

右手の状態に左手を合わせる。
→ぎこちない泳ぎ→力む。
左手の状態に右手を合わせる。
→楽になる。→スピードを上げることができるとつながります。
クロールの息継ぎは左右どちらかに向きますね。
可能な限り胴体でやりますが、首も動きます。

もし、右を向いた時に、動きにくい状態があった場合、得意なはずの右側呼吸は、大変ってことになりますね!改善しないと疲れる右側呼吸。肩・首を痛める行為ということになります。
前半、上半身周りを左右の差をなくし泳ぎましょう!をやって頂きました。
ここまででも、かなり楽になりました。

後半
下半身の左右の差はどうかな?っていう練習。
お尻のストレッチをした場合、右側のお尻と左側のお尻は同じような感じかどうか?
左側のお尻がうまく伸びてない。固い。という感じ。
お尻の力は抜きたいです。
通常のストレッチで変わる内容です。
足がツル・肩が痛くなるは実は、同じ場所に原因がある。

ヘッドアップを身体を反らして上げている場合かなりの負担とロスがある。
こちらも体幹を使ったヘッドアップをしないと安定しないので蛇行の原因になります。

最後は、10分間泳をやってもらいました。
まだまだ泳げる感じでしたね!

あとは、寒いと泳げないをどうにかしないと寒い時は、リタイアするしかないことになりますね。ムリやりってことではなく、自分の身体から発熱できないと屋外スポーツを楽しむことが半減しますね。

練習会はいくら休憩しても良い訳ですからご自分の身体から発熱する練習をされるのも今後の課題に入れて頂けると良いかと思います。

7月もやりますよ🌊
よろしくお願いいたします。